施設紹介

   
これまでの経過へ

クリーンセンターの概要


◇施設名 北しりべし広域クリーンセンター
      (ごみ焼却施設/リサイクルプラザ)

1 所在地  小樽市桃内2丁目111番地2

2 敷地面積  52,826u

3 着   工  平成16年6月

4 竣   工  平成19年3月

5 処理能力  ごみ焼却施設
           焼却炉 197t/日(98.5t/日×2炉)
           灰溶融炉 15t/日
          リサイクルプラザ
           不燃ごみ・粗大ごみ系統 36.0t/5h
           資源物系統 37.8t/5h

クリーンセンターの特徴

◇ごみ焼却施設
 
◎集中管理システム
 ごみクレーンの全自動運転装置をはじめ、コンピュータによるデータ収録など最新自動化設備を備え、運転管理は、集中操作管理方式を採用しています。

◎排ガス処理システム
 ばいじん・硫黄酸化物・窒素酸化物・塩化水素・ダイオキシン類などの排ガス基準値を厳しく設定し、バグフィルタ・脱硝反応塔をはじめ最新の公害防止装置を備え公害対策に万全を期しているほか、焼却灰のより一層の減量化・無害化・安定化を図るため、灰溶融装置が設置されています。

◎資源化・有効利用
 スラグは埋め戻し材、路盤材、アスファルト混合材などの土木資材のほか、その透水性を生かしたコンクリート製品の細骨材としても利用できます。

◎余熱利用
 ごみ焼却熱を利用して発電をはじめ、温水をつくり、施設の給電・給湯を行っています。

 ・画像をクリックすると拡大できます。
 


○焼却対象物  生活系・事業系可燃ごみ、可燃性粗大ごみの破砕ごみ、資源ごみ処理後の可燃物
○受入・供給設備  ピットアンドクレーン方式
○燃焼設備  ストーカ方式
○燃焼ガス冷却設備  廃熱ボイラー方式
○排ガス処理設備  有害ガス除去(乾式)方式+活性炭噴霧+バグフィルタ+触媒脱硝
○熱利用設備  場内給湯・冷暖房、発電
○給水設備  生活用:上水、プラント用:上水
○排水処理設備  プラント排水:循環再利用水(無放流)、ごみ汚水:炉内噴霧、生活排水:合併浄化槽にて処理後放流、洗車排水:油水分離後プラント排水処理
○飛灰処理設備  加熱脱塩素化+薬剤処理
○電気設備  高圧受電方式
○計装設備  分散形自動制御システム
○前処理設備  ふるい装置、磁選装置
○溶融設備  電気式溶融炉
○ガス冷却設備  空気希釈式
○排ガス処理設備  バグフィルタ
○通風設備  平衡通風方式
○スラグ、メタル冷却設備  スラグ:水砕方式、メタル:水砕方式
○スラグ、メタル搬出設備  コンベヤ・ヤード方式
○溶融飛灰処理設備  薬剤処理

このページの始めに戻る

◇リサイクルプラザ
  限りある大切な資源を守るため、ごみの中から再生可能な資源を回収。アルミや鉄、ガラス、ペットボトル、紙類などを選別し、利用可能な資源として再生させます。

 ・画像をクリックすると拡大できます。
 





○不燃ごみ・粗大ごみ系統
  ・受入供給  ピットアンドクレーン及び直接投入併用方式
  ・破砕  低速回転式破砕機、高速回転式破砕機、スプレー缶破砕機
  ・選別  鉄類、アルミ類、残さ類の3種類に機械選別
  ・搬出  鉄類:プレス後ヤード貯留、アルミ類:プレス後ヤード貯留、残さ類:貯留バンカ
○缶系統
  ・受入供給  直接投入方式、破袋・除袋機
  ・選別  磁選機、アルミ選別機
  ・搬出  プレス後ヤード貯留
○びん系統
  ・受入供給  人手による破袋及び生きびん回収
  ・選別  手選別(無色、茶色、その他色)
  ・搬出  ヤード貯留
○ペットボトル系統
  ・受入供給  直接投入方式、破袋・除袋機
  ・選別  手選別
  ・搬出  圧縮こん包後ヤード貯留
○その他プラ容器系統
  ・受入供給  直接投入方式、破袋・除袋機
  ・選別  手選別
  ・搬出  圧縮こん包後ヤード貯留
○その他紙製容器系統
  ・受入供給  直接投入方式、破袋機
  ・選別  手選別
  ・搬出  圧縮こん包後ヤード貯留
○紙パック・新聞・雑誌・ダンボール系統
   各品目別にヤード貯留
○蛍光管系統  破砕後ヤード貯留
○乾電池系統  ヤード貯留
このページの始めに戻る

その他の処理施設

◇施設名  北後志リサイクルセンター

1 所在地  余市町栄町461番地1

2 面積    建物    198.92u
         びん置場  83.84u

3 処理対象物   びん類、紙類、ペットボトル
            
4 年間処理予定量 びん類(293t)
             紙類(974t)
             ペットボトル(119t)
               
このページの始めに戻る